青空と海

格安航空券なら新幹線に負けないぞ!ツアー

格安航空券なら新幹線に負けないぞ!ツアー

飛行機に乗るなら、どうしても長距離に限定されます。特に格安航空券ならば、遠くないとメリットが生かせません。そこで強敵の新幹線と勝負してみましょう。もちろん最安値では勝てませんが、日帰り旅行という時間的要因を考慮すれば十分に勝機はあります。今の時代はタイムイズマネーです。

函館へ行くならANAがおすすめ

新幹線
北海道新幹線が開通しました。とはいえそれでもあえて乗るのが飛行機ファンです。例えば羽田6時55分発、函館8時15分着のANA航空券、エアドゥと共同運航便です。旅割を使えば8月1日でも22,890円になります。正規料金が35,490円なので35%オフです。

JAL航空券なら羽田7時50分発、函館9時10分着、ウルトラ先得の29,490円があります。ちょっと割高ですが、それでも17%オフになります。マイルを貯めたいなら、こちらでも良いでしょう。

帰りのANAは19時35分函館発、羽田21時00分着です。料金は往路と同じ22,890円です。JALも函館19時35分発、21時00分羽田着です。値段はANAと同じ22,890円です。もちろん往路を考えればANAの方がお得ですね。

秋田へ行くならJALがおすすめ

美人が多いと言われますが、未だに秋田のイメージといえば、なまはげかもしれません。また東北頑張れ!とは言いますが、秋田はあまり重視されていません。ならば現実を見てくれ、という意味で、航空券を買って行きましょう。

JALのウルトラ先得なら羽田7時00分発、秋田8時05分着、たった1時間のフライトです。金額は15,690円、正規料金が27,890円なので43%オフになります。一方でANA航空券は7時50分羽田発、8時55分秋田着、旅割で同じく15,690円です。

帰りのJALは20時50分秋田発、22時00分羽田着、ウルトラ先得で16,490円です。ANAなら20時10分秋田発、21時15分羽田着、値段は旅割で16,490円です。現地の滞在時間を考えればJALがおすすめです。

福岡ならばSFJを選びたい

新幹線の限界地は福岡でしょう。6時間と言えばちょっとした海外旅行的な長さです。だからこそ飛行機に乗るべきです。特に東京から福岡へ行くならばスターフライヤーが選択肢に入ります。

まずセオリーとしてJAL航空券なら羽田6時25分発、福岡8時10分着、ウルトラ先得で13,090円です。正規料金が41,390円なので68%オフです。またANA航空券なら6時30分羽田発、8時20分福岡着、旅割で13,090円です。さらにSFJ航空券なら羽田6時40分発、福岡8時30分着、そら旅80なら12,790円になります。

帰りのJALは21時00分福岡発、22時40分羽田着、ウルトラ先得で14,290円、65%オフです。ANAは21時20分福岡発、23時00分羽田着、旅割で14,290円です。一方でSFJは21時05分福岡発、22時45分羽田着、そら旅80で13,990円です。微妙ですがSFJが有利です。

諦めてはいけない

人気女性アイドルが参入するなど今は鉄道ブームが来ています。とはいえ飛行機ファンも諦めてはいけません。アイドルに頼ることなく格安航空券を使えば空弁を堪能できるし、フォルムの美しさでは飛行機も新幹線に負けてはいません。

Copyright © 2017 夏休みの国内旅行は格安航空券がオススメ!賢い飛行機の使い方教えます! All Rights Reserved.