青空と海

格安航空券でもできる日本周回ツアー

格安航空券でもできる日本周回ツアー

格安航空券は単なる往復だけに使うチケットではありません。安いのだから、もっと乗り続ける工夫もしてみるべきでしょう。例えば1日でどこまで回ることができるのか。狭い日本を飛行機で乗り継ぎ周回するツアーも検討してみましょう。

北海道を巡るJALツアー


夏の北海道を横断するならJAL航空券がおすすめです。まずスタートは8月1日8時00分羽田発、たんちょう釧路空港9時40分着、ウルトラ先得で19,290円(正規料金46,100円、58%オフ。以下同じ)です。

釧路空港にはエステサロンもあります。旅の疲れを癒せます。レストランやお土産ショップも充実していますし、ヒグマのモニュメントにどっきりできます。

釧路12時35分発で札幌近郊にある丘珠空港へ向かいます。13時25分着、ウルトラ先得なら14,300円(24,600円、41%オフ)です。

丘珠空港16時10分発、今度は函館へ向かいます。16時50分到着です。同じようにウルトラ先得11,500円(20,100円、42%オフ)、そして函館19時35分発、羽田21時00分着、ウルトラ先得22,890円(37,600円、39%オフ)です。

西日本を巡るJALツアー

東京から西日本方面を巡るツアーもJALのウルトラ先得なら利便性は高いようです。例えば羽田6時25分発、沖縄の那覇8時50分着、料金は21,290円(48,100円、55%オフ)です。次に那覇10時20分発、福岡12時05分着、9,600円(33,200円、71%オフ)。

それから福岡を14時30分に飛び立ち宮崎15時15分着、7,100円(24,600円、71%オフ)です。真夏の太陽はまだ暑いですが大阪へ向かいます。宮崎17時55分発、伊丹19時00分着、8,400円(28,800円、70%オフ)、そして伊丹20時20分発、羽田21時30分着、12,390円(27,600円、55%オフ)になります。

九州は福岡往復しかなく意外と不便です。だからでしょうかウルトラ先得を使えばかなりの割引料金が楽しめます。これだけ乗っても6万円弱ですが、確実にマイルは貯まります。

北日本はJALとANAを乗り継ぐツアー

乗り鉄の飛行機版、飛行機に乗ることを楽しみとする人であれば、JALとANAを乗り継ぐ北日本航路があります。まず羽田7時40分発、JAL航空券で青森空港へ向かいます。料金は先得割引で18,790円(36,200円、48%オフ)当地には8時55分着です。

その後北海道へと北上します。青森11時25分発、新千歳12時10分着、ウルトラ先得7,600円(26,300円、71%オフ)です。青森で時間が空いてしまいますが、だからと言って街へ行っては次が間に合いません。空港を如何に堪能するか。乗り飛の真価が問われます。

千歳でANAに乗り換えます。14時15分発、北陸の富山きときと空港15時45分着です。旅割で21,700円(38,300円、43%オフ)になります。ちなみに富山空港は有料プールがあります。また全国で唯一河川敷にある空港です。どちらも夏を実感できるでしょう。

羽田へ戻る飛行機は富山19時30分発のANAです。羽田には20時35分着、11,090円(24,890円、55%オフ)です。日中ならば絶景が楽しめる航路です。

諦めてはいけない

日本はやはり飛行機で考えれば狭いのでしょう。結局は主要空港との往復が時間もお金も節約になるようです。それでも格安航空券を使って諦めずにチャレンジする、そういう精神が大切なのかもしれません。旅行は道中を如何に楽しむか、トラブルを含めてそれがすべてです。

Copyright © 2017 夏休みの国内旅行は格安航空券がオススメ!賢い飛行機の使い方教えます! All Rights Reserved.