青空と海

夏休みの国内旅行は格安航空券がオススメ!賢い飛行機の使い方教えます!

夏休みも格安航空券が使えます!工夫して楽しみましょう

夏休みには格安航空券が使えないと思っていませんか。もちろん早めの予約が絶対条件であり、枚数も制限されるようになっています。それでも諦めてはいけません。お得なチケットが少なくありません。寂しいゴールデンウィークを過ごした人は、夏にリベンジしましょう。

8月1日出発を目指します

8月のアイコン
基本的に今回紹介するプランは、2017年8月1日出発を目指します。社会人ならちょっとずれますが、子供を考えれば夏休みのど真ん中です。簡単にチケットが予約できるのか。とはいえ思い込みをせずチャレンジすれば、新幹線よりもお得に、しかも意外なほど安い航空券が予約できます。

なお表示している料金やフライトの時刻は2017年5月時点のものです。以降で変更があるかもしれませんが、その点は悪しからずご了承願います。そうしたトラブルも含めて旅行の醍醐味です。もちろん違う季節であっても応用は可能です。

空港で如何に楽しむか


財布に優しい格安航空券を利用した弾丸ツアーを計画する場合、空港で如何に楽しむか、それも大切なことです。昨今は自動車向けに道の駅やサービスエリア、主要なターミナル駅での駅ナカが充実しています。それに負けず劣らず、各空港でも趣向を凝らしています。

もちろん飛行機を利用する人であれば乗るのも楽しいし、見るのも好きな人がいるはずです。空港のデッキでボーっと眺めると癒されます。地方では便数が限られますが、意外な機体が飛来することも稀ではありません。

例えば自衛隊や米軍と併用している飛行場は少なくありません。主要空港である北海道の新千歳や沖縄県の那覇も自衛隊と共用しています。飛行機を利用するのに軍隊は嫌というのは、ちょっと矛盾しています。そこは開き直って楽しみましょう。

さらに青森県の三沢空港、石川県の小松空港、そして首都圏にある茨城空港でも現役最強の戦闘機をウォッチングできます。日本防衛の最前線を見る!こんなツアーを組んでみるのもよさそうです。事前に申し込めば基地内を見学できる場所もあります。

とはいえ夏真っ盛りです。天気にもよりますが、熱中症には気を付けましょう。水分補給と紫外線対策は忘れずに。違った意味での思い出を作らないようにしたいですね。

飛行機の使い方にもいろいろあります

格安航空チケットを単なる往復の手段と捉えてはいけません。飛行機の使い方は様々あるはずです。例えば直行便がない場合の乗り継ぎというパターンもあります。日本国内でも地域のハブ空港から往復便しかないケースが少なくないからです。

直行便を待つより迂回した方が激安で購入できたり、時間の短縮になることも珍しくはありません。場合によってはソウル経由なんてこともありそうです。パスポートを持っていれば、意外な航空チケットを利用できるでしょう。

諦めてはいけない

社会人であれば3カ月先の予定などわかるはずがありません。とはいえ労働者にとって追い風はあります。有休を消化しやすい状況が生まれています。そもそも8月は暑いし、お盆近くで雰囲気的にも仕事ムードではないでしょう。英気を養う意味でも諦めずに旅行の計画を企てましょう。

Copyright © 2017 夏休みの国内旅行は格安航空券がオススメ!賢い飛行機の使い方教えます! All Rights Reserved.